会社概要

会社理念

バギオ留学センターのホームページを訪問して頂きありがとうございました。何故、当社がバギオ留学センターを開設したのか、その考えをお伝えします。当社はセブ島にオフィスを構え、10年以上、このフィリピン留学というものを見てまいりました。5年ほど前、つまり、2010年ころは、まだまだフィリピン留学は日本の皆様には馴染みがなく、日本からの留学生も本当に指で数える程度でした。そして残りは全て韓国人です。このような状況ですと、日本人留学生は嫌でも英語を使って韓国人とコミュニケーションを取らないと、孤独になるという状況になり、本当に頑張って英語を話していました。結果、ある程度の期間でも英語力を身につけることができていた、それが5年前の2010年ころのお話です。

 

しかし、昨今、日本でもフィリピン留学が大々的に報道されるようになり、多くの日本人留学生がフィリピンへ来られるようになりました。そして、その多くはセブ島を選ばれています。フィリピン留学、主にセブ島留学が非常に人気になったという事はフィリピンの国にとりましても良いことではありますが、一方でデメリットも生じ始めました。それが、英語を話す環境がどんどん少なくなってきているという事です。

 

日本人が100%の語学学校もあります。どのようにして留学生は英語を使うのでしょうか?日本人が多くなり、色々な情報が簡単に手に入ることで、授業が終わると、どんどん遊ぶ方が増えてまいりました。マンゴー周辺のクラブなどがいい例ではないでしょうか?その影響で盗難などの事件もどんどん増えているのが現状です。

 

当社は決して遊びを否定している訳ではありません。むしろ言葉は遊びながら覚える方が早いと考えています。しかし重要なのは遊び方です。英語を使う遊びであればいいのですが、母国語を使った遊びになりますので、これでは何をしにフィリピンへ留学をしに来たのかが、分かりません。恐らく留学生の方もこちらへ到着をすれば、遊びに走ってしまい、目標を失ってしまっているのではないかと思います。

 

当社はセブ島にオフィスを構えておりますので、セブ島の学校へ生徒様を送客したいという想いは当然ですが強いです。もちろん、ご紹介はこれからも行ってまいります。ただ、真面目に勉強ができる、英語力を伸ばすことができる学校のみに限らせて頂いております。
しかし、このパターンですと、情報過多のこの時代、当社を考えをしっかりと理解して下さるお客様の数もそれほど激増することも難しいです。

 

そこで、セブ島も大切ではありますが、視点を変え、真面目の勉強ができる都市を探し、バギオという場所を見つけました。このバギオを訪問した際には、本当に驚きました。これほどまでに生徒様が真面目であり、勉強に集中している。セブとは違うなというのが本音です。

 

その為、せっかく安くはない費用、時間を使ってフィリピンへ来てくださるわけですので、しっかりと成果を持って帰ってほしいという願いを込めて、バギオの専門留学センターを開設する運びとなりました。

 

是非、日本の留学生の皆さん、皆さんの将来を考えると、確実に英語力を身につけて頂かないと困る可能性が高くなります。その皆様の助けつなるように、一生懸命サポートをさせて頂きますので、少しでも当社の考えにご賛同いただける学生様が訪問して管あることを祈っております。

 

会社情報

会社名 フィリピン留学情報センター
YTC Travel Consultancy group Corporation
代表取締役 前野義君
住所 #206 TAN BLDG, A.S.Fortuna St, Banilad, Mandaue city, Cebu
東京オフィス:
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-8-2代々木高等学校内
札幌オフィス:
札幌市白石区東札幌3条4丁目7-13
広島オフィス:
〒730-0843 広島市中区舟入本町6(予定)
仙台オフィス:
〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央3-1-24 荘銀ビル5F
関西オフィス:
(開設予定)
TEL +63-32-505-2882
営業時間 月曜日~金曜日
10:00~18:00(日本時間11:00~19:00)
事業内容 ・提携先語学学校のご紹介
・提携先語学学校の入学手続き代行(無料)
・フィリピン留学後のワーキングホリデー、2ヶ国留学のご案内、お手続き
・フィリピンへのロングステイのご案内、お手配
・フィリピンでの観光、ツアー、旅行のご案内、お手配

 

トップページ » 会社概要